バイトを辞めて金欠になりお金を借りた女

私はアルバイトをして生計を立てている33歳の女です。
お金に困っていたのは役者志望の20代前半のころ。
しがないフリーター、田舎から状況してきて不慣れな都会で一人暮らしでした。

お金を借りた理由は、軽い気持ちでその当時に働いていたバイトをばっくれた事が切欠で、働く事が嫌になり、次のバイト先が決まっても長く働けず、最終的には常時金欠になったからです。

■3社から借りる多重債務者に
私はレイク、アコム、プロミスの3社から借り多重債務者になりました。
この業者を選んだのは、単に有名だったからです。

カードローンでお金を借りるのは意外と簡単です。
まず予め携帯から申し込み、その後は実際に「むじんくん」の様な、機械の置いてある場所へと足を運べばいいだけです。

■借金総額40万円
総額は40万円です。
レイク15万、アコム15万、プロミス10万。
収入が不安定な役者だったため限度額が低く、3社から借りることになりました。

■返済
月5000円ずつの返済に設定していたにも関わらず、途中延滞に延滞を重ねて結局予定していた期間を過ぎての完済となりました。
親にお願いする位なら、と。良かれと思って借りたのですが、全然良くありませんでした。精神的不可に押しつぶされそうになるので、金輪際カードローンではお金は借りたくないです。
それでもお金を借りるなら、まずは「如何にして期限通りに完済するか」…―このビジョンははっきり自分の中にイメージ無ければいけません。
多分、きっと、なんとかなる。と、あやふやなビジョンのままでは先ず期限通りに完済することは不可能だと、私は思います。
現に私はその当時フリーターで、親に頼って親に怒られる位なら借りられそうな所から借りちゃえ、位の軽い気持ちでカードローンに申し込みました。前述した様なビジョンは、私の中にあやふやなままにしか存在せず。そして結局、予め予定していた返済期限を大分過ぎてからの完済となりました。

■お金と甘えと借金
肝心な所で自分自身を甘やかしてしまう人間であればあるほど、「借金」に追われる生活を送る事になるでしょう。遣らなきゃいけない事は分かっている、けど、出来ない。追い詰められれば何とかする、何とかなる、と思っている人間であればあるほど、絶対に苦しい思いをします。少なくとも、私はしました。
お金の無い生活。働かなきゃいけない、でも働きたくない。誰にも頼れない。そう考えれば考えるほど眠れなくなり、それは体調不良にも精神不安定にも繋がり、生きた心地のしない日々が続いていきます。電話で、手紙で、督促される。私の自論ですが、大人になって大人に怒られる事ほど堪えるものはない、です。本当に。
お金を借りるのは構いません。のっぴきならない理由があるのでしょう、分かります。でも、その借りたお金を返すための道筋は、本当に、はっきりと、今の自分に無理のない範囲内で(想像の中の美化した自分ではいけません)、想像出来ていますか?
軽率に申し込みをしてしまうその前に、一度自分自身とよく向き合って、自分自身を強く律する事の出来る人間かどうか、考えてみて欲しいです。