学生がカードローンで即日お金をGETできた話

東京都新宿区に住む大学生Y.Uさん(22歳)
自分は勉強で使うソフトウェアを買うのにカードローンを利用しました。

何を買ったか?

adobe社のフォトショップです。
adobe社の方針で,イラストレーター,フォトショップなどのパッケージ版の販売が終了となると聞き,高価ですが購入をきめました。
もともと新しいものがほしいなとは思っていたのですが,ふんぎりがつかないでいたのです。
そんなときにadobe社の方針変更。
今買わずしていつかうの?
ということで早速パッケージを購入すべく行動を開始します。

使えないクレジットカード。どうする俺!?

ネットでの購入になるため、クレジットカードを使って購入します。
クレジットカードは,こういったときに,手数料などを請求されないことが多く,とても重宝します。
なかにはクレジットカード決済でないと買い物ができないネットショップもあり,必需品と言っていいと思います。
手数料が数百円と言っても,何店かで買い物をするとあっというまに1000円をこえてしまいます。
クレジットカードを使うときは,番号の漏えいなどがないかな…とちょっと気になるのですが,それをいいだすとどことも取引ができなくなるので使っています。

しかしクレジットカードを使おうとするも使えない。
なんとカードが使用停止になっている・・・。
なぜ・・?
そういえば以前、年会費が高すぎるからと言って解約したんだった・・・。

しかも今は銀行口座にもお金が1万円しかない状態です。
これではパッケージが買えません。

お金を借りてみた

カードローンでお金を借りました。
ネットで申し込んで即日振込という広告を見たからです。

学生だったため審査に通るか心配だったのですが、アルバイトをしていれば審査に通ることもあるらしく、ぼくは一発OKでした。
審査にかかった時間は50分ほど。
その後、契約完了のメールが届いて、ネットで借りたい金額を入力して、すぐにお金が振り込まれていました。

これが即日融資というやつですか。

即日融資とは?

即日融資を知らない方のためにちょっと解説しておきます。

即日融資とは、借り入れを申し込んだその日のうちに融資してもらえることをいいます。
つまりお金をすぐに貸してくれるということです。

すぐに借りられると言えば、カードローン業者の無人契約機をイメージる方が多いかもしれません。
以前はたしかにそうでした。
しかし今ではインターネットで申し込んで、お金を銀行口座に振り込んでもらう方法が一般的になっています。
パソコンだけじゃなく、スマホやタブレットからでも申し込めます。

カードローンを使ってみてのまとめ

その後もお金が厳しくなったらカードローンを利用しています。
金額は5万円以内がほとんどなので、借りては返す、借りては返すの繰り返しです。

失敗したなと思うのは,おもったより買い物にお金をつかってしまうことがおおいことです。
現金と違って,つかってしまってもお金が減ったことが目に見えにくいので,うっかりしていると請求額に驚いてしまうことがあります。
失敗したのはスマホのゲームで,数千円単位ですが予算より多く使ってしまったので気を付けていきたいと考えています。